ウーマン

皮膚科での治療も検討を

ウーマン

敏感肌とは、刺激に対して極端に肌が弱くなり、赤みやかゆみといった症状がでる肌のことをさします。たいていの人はスキンケア用品を変えたりスキンケアの方法を変えたりすることで対応しようとしますが、一度病院に行くのがおすすめです。敏感肌かと思っていたらアトピー性皮膚炎であったという場合もあり、このような場合は薬での治療が必要なためです。病院で敏感肌の治療をするときは、白色ワセリンやヒルドイドといった保湿剤やステロイド剤といった薬が使われるのが特徴です。こうした保湿剤や薬は保険適用となるため安く手に入り、非常に効果が高いという特徴があります。また、万が一症状が悪化しても医師の診察のもと治療を変更してもらえるので安心できるというメリットもあります。

敏感肌の人が行くべき病院は皮膚科です。注意すべきなのが、美容皮膚科や美容整形外科に行くときです。美容目的となる場合、保険外診療となるため、治療費が高額となることがあります。また、クリニック監修の化粧品を買わなければならないこともあります。美容皮膚科や美容整形外科は、美しくなることが目的のため結果的に肌がきれいになるというメリットもあります。自分の目的を考えて病院選びをするように注意しましょう。皮膚科でも、特に女医のいる皮膚科を選ぶと悩みについて共感してくれることが多いためおすすめです。しかし必ずしも男性医師が悪いわけではなく、相性次第なので、必要ならば病院をうつることも考えるのも悪くありません。